*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.31 (Tue)

意志と思考

随時UPDATEしましょう。ってあまり変わってない気もするなぁ。

A:好き(気が向くと自然と行ってしまう)・かつ得意(飯を食えるほどのレベル)なこと
”ここで点数を稼ぐ”
・思想を発すること
・情報を収集すること
・定性事象を分解すること
・仕組みを汲み上げること
・文章を書くこと
・未知な分野へ飛び込むこと
 ※但し興味が向く分野に限る。美味しい、美しい、格好良い、新しい→海外、Web
・モノを教える


B:好き・かつ得意ではないこと
”Bで点数を取りながらここを伸ばす”←市場ニーズと意志がなければDへ。
・多くの人を巻き込み動かす
・日本語以外の言語で発すること
・相手の状況状態を察すること
・料理を作ること
・絵を描くこと
・漫画・映画を見る
・ワインを飲む


C:嫌い・かつ得意なこと
”最低限やりつつ点を取る”
・精緻な定量分析をしつづけること→ある程度方向が分かればよいと思ってる
・ルールを守り続けること→改善したくなる


D:嫌い・かつ得意ではないこと
"捨てる"
・掃除・洗濯→最低限でOKと思っている


------
うーん、教える系で起業、飯をくうのかなー。シンクタンクとか。
血筋的にはそうか。

スポンサーサイト
09:40  |  33.告知  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.31 (Tue)

ビジネスコミュニケーションにおける傾聴

今の会社に転職して早三年。
前職よりもソフトスキルでのレビューが多いので面白い。
そしてそいういうスキルが神がかって高く、そういうスキルのみで飯を喰えている人にもたくさん会い、
(因みに出来る人はハード面もそれなりに高いと分かった)自身のスキルの低さを痛感しているのだ。

ようするにビジネスコミュニケーションの話だ。

コミュニケーションとは、辞書によると
・「社会生活を営む人間が互いに意思や感情、思考を伝達し合うこと。言語・文字・身振りなどを媒介として行われる。

ビジネスコミュニケーションとは、それを商売の上で行うということだ。

行う上で必要なことを要素分解すると、
A:相手の状態・状況を見極める
ー相手の立場を創造し、発言の背景を深める
ー過去の発言を想起しておく
-目線・口元等表情筋を見る
ー(発言があれば)眼前の発言の意味を考察する

B:状況・状態に合わせた適切なコミュニケーションツール(言語・身振り・表情)を選び発する
ーAを見極めた上で
ーAに合わせたツールを選ぶ
ー必要に応じて飛び道具(他社、資料)を用意する

以上。
Bでのツールの選び方においても”ひるまず選びきる”等難しい要素はままあるのだが、
自身の場合はAを行う能力が著しく低い。いやというよりも人間にもまれる経験をしていない人でない限り、
Aが低いのだ。それは幼少期などからの経験も大きくひもづくのだけれど。

自身の家庭環境を振り返ってみても、
Aを意識するよりもBを発する、ということが求められ(てはいないが)、
Aを行うよりもBを力強く行ってしまっていたことが思い出される。

勿論良い面もあり、
”抽象度の高い状況状態を具体的な単語で表現する”
”初対面の人間に対しての印象を強く与える”
ということが出来るので、モノを教えるシーンなどでは高い力を発揮できる。モノを書くでもそうなのだ。

反面、細かいストロークが生じる、一方通行で終わらないシーンでは、
Aのスキルが低い場合、非常にシビアな状態になる。

まあとまでは書いたものの、結局明確に弱みが分かっている限りは、
ゴルフのパッドの練習を繰り返すがごとく、
トライし、失敗した箇所を補正しを繰り返すしか上達はしないことが明確であるので、
やり続けなければいけないということは何も変わらないのだ。

ハードスキルを身に着けることは、有難いことに、前職で働いたことから、
スケジュールを区切りコツコツやることだけで突破できるようになった。
ソフトスキルもどうようにコツコツなのだが如何せんここは積上げるために意識をしなければ
変わってはいかない領域なのである。書籍をインプットするよりも具現化して読むことを繰り返さなければならない。

そんな悩みだ。
09:03  |  11.仕事ノウハウ・スキル  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.31 (Tue)

2013年も終わるので。

ブログを再開してみようと思う。
思いつきなので、いつまで続くか分からないけれども。

久々(といっても三ヵ月ぶり位)あった父に言われたのが、
月日の経過は早く、記録しておかないと風化していく、
という言葉。

それなりの大学を卒業、それなりの会社へ就職、起業、書籍執筆、結婚。

まだまだ一つ一つの深化は必要なのだけど、形だけは少しだけ整いつつあるのか。
あの、何がどうなるのかわからなかった我武者羅な、熱意だけでしか勝負が出来なかった時期を超えていき、
気づいたらいまの自分がある。良い意味でも悪い意味でも今の自分となった。

そんな自分のまだまだ数十年ある人生と、
後世のために(なんてならないとは思うけど)記録を再開する。

まだ見ぬ読者のみなさまへ。
07:54  |  35.未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.06.10 (Sun)

プライベートが落ち着いたことの雑記。

感情は忘れてしまうものだが、個人にとっても世界にとっても全て一個人の感情(思い)によりなりたっているものだから、大切に記録しておきたい。後は客観的な事実への分析も。


□書籍
【感想】
・先ずは無事リリース出来たことが嬉しかった
・定性的なロジックを積み上げたり、キャッチーな文言を考えるのは楽しく、好きだ
-「好きでいくらでも続けられる」ことを見つけ、「数多くのチャンスをつかみ続ける」ことが成功(自分の高揚感を上げる、収益を得る)の秘訣だと思うが、この分野はやはり楽しい
-企画を考えてまた提示したい

【分析】
・webサービスであれ何であれ困難なのは戦略、戦術、施策、とシームレスに最後まで落としきることではなく、どの方向に触れさせるか、ということの意思決定が難しかった
-そもそもいけてない商材はシームレスにすらできていないことは明白
-最後の一貫性をどちらに振り向けるかに妙技がある。そしてここは神がかった世界でもあるので、結局打席に立ち続けることが重要なのだ
-因みに当該書籍であれば、啓発⇔具体的一歩ということの振れ幅で右と左の良いバランスによせたつもりでいたが、読者の一人の方からは、左によっている、等とのコメントもあった。振り切っていた時にどうなっていたかは分からないが、受け取られ方も様々だった。判断するにあたりギリギリまで消費者調査で意見を集めることはコストとのバランスだが、行えればよかった

・マーケが弱いジャンルの商材だがwebプロモは効果があった
-一定の認知を上げることは実現。しかしあげた後は商材のパワーであったので、そこの弱さが出たことはあった

・市場を探すのは何であれ困難だ
-本にもさまざまなジャンルがある。
-雑誌、書籍で先ず分かれ、書籍の中に、感覚・感性に訴える小説・写真等と、情報提示・情報の切り口提示のノウハウ系ノウハウ系に分かれる
-後者の中に、仕事術・整理術、MBAスキル、起業ノウハウ・・、等様々に分かれる
-市場としてみた場合にビジネスとして魅力的な市場(十分なボリュームがあり、ある程度型化をして攻めていくことができる)という領域は極わずかであることが分かった気がした
→マーケティング、仕事術など難しくなく、どんな人でも知りたい分野はvolumeがで買い物の、新規性をだすことが難しい。次は何を書きたいか×市場はあるか、で当たり前だがもう一度客観的に精査したい



□結婚式
【感想】
・父親とのメールのやりとりで、「父親の人生のハイライトは息子の結婚式だ」と言われたことは非常に嬉しかった
・イベントを作りこむ、雰囲気を醸成する、創造する、ということはそれなりに好きだということを再確認した
-中には全くやりきれていない結婚式がある中で、それなりの満足度を与えられたことは仕事の一つとしてとらえてもよい成果だと思っている
・食、雰囲気の提供、荘厳、豪奢というのは自分が好きなテーマである。仕事や生活の根幹におくにしても追及していて気持ちが良い領域だと素直に思える
・二次会キャンセル率が5%程度、というのは良かった。自身たちでご招待したから、というのはあるが、意外と繋がって頂けてていることに感謝した。何よりそういうケアが多少でも出来ているのか、自分たち、ということにも驚いた
・「感動させる仕事」というのは最上の仕事だと思う。そこを餌にした取り巻きたちが高い給与を得て仕事をしているのはある意味皮肉な構造で、人間としてそういう周囲の人間はそのような状態でもない限り、モチベーションは維持できないのだと思う。中心にいることが最も人間として自然であり、最上の状態。早くこのような状態で息をし続けられるようになりたい。自分は新卒から一貫してその外野にいて餌を食べ続けている人材なので。
・自分の人間としての癖に反省した
-何より顕示欲が出るのが小さい人間だと猛省。小さなプライドがまだある
-ただ、式をあげたことで、なんだか憑き物がとれたようで、それは父親からの承認ということもある気がするが、もっと自分らしく、自然に価値を出せる仕事を行い、社会に価値を出したい


【分析】
・結婚式はお世話になった方へのお礼とこれからも宜しく、という関係維持のためにも相応しい場所であるのでやるべきだと思う
・確かに赤字は出るとは思うが人のつながり、という何にも掛け難いものを得るためにも行うべき
・そして上記のとおり、家族への感謝を含めた繋がりのためにも効果あり


以上。思い出すたびに追記したい。

00:00  |  20.プライベート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.02.23 (Thu)

大事なのは他人の背中を追わないこと。

以下全て朋友SAとの会話。
僕の春からの人生は何となく決まってきている。彼も何となく方向性が決まりかけている。お互い退職したのに、オフィスが数メートルと近く、今過去最高に人生について討議出来ている。
そして先日は二度目のさしスキー旅行に行った。スキーも勿論楽しかったが、ぼろ宿でフワフワと人生について討議したのも最高に良い時間だった。


「vision、自分の人生を通じて、つくり上げたい状況とか成し遂げたいこと。自分の場合は、TEDのinspiring peopleという感じ。人をインスパイアして、後世に形を残していく。生き方を通して何を表現するかが重要だと思うが、自分の場合は、海外という軸を通じて、今の日本の後世が興味を持って動く、ということを出来ればな、と」
5年も働くと手段と目的に切り分けが出来てきている気がする。経営者になりたい!why?みたいなやりとりが減った気もする。まあ自分の場合はもっとsharpにしないといけないことは変わらないのだけど。


「自分の場合は、ハッピーを色んな人に伝えたいのかもしれない。訳の分からない動き方を通じて」


「日常感じていることからvisionを生む。アウトプットの結果だけ見ると分からないものだ。スタバとドトールの際のように、コーヒー屋と見るのではなく、コーヒーを売る手段を通じて何を成し遂げようとしているのか。手段の裏柄にある本質こそが重要だ」


「砂漠レースで大切なことは、他人の背中を追いかけないこと。先頭をひた走っている人は必ずしも良い景色を見ているかどうかは分からないのだから。だから自分のペースを見つけ、自分の楽しみ方を知る。人生と同じだ」
これは良い言葉だと思う。分かり易い。背中を見せることも必要だし、見ることも必要。でも昇華して自分のペースと追うテーマを見つけないと、それは不幸なのだ。


「経営者こそが、自身の社を通じて成し遂げたいことを決められる。社長だけが決められる」


「世界というものを日本のように考える。そうすると、何を北海道人が北海道から偉そうに、東京に対して何かをしたい、とか言えると思うでしょ。それと同様に、もし世界で勝負をしたいなら、現地に行かないと。住んで、遊んで、働いてみないと。最近殊にそう思うのだ。」
これも良い、分かり易い。グローバル、グローバル薄く言っている自分も反省。


「稼ぐためだけなら、北海道いるだけでいいでしょ。」
20:18  |  12.仕事のこころ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。