*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.02.12 (Sun)

打席に立ち続ける事。

本の校了日が刻一刻と近づいてきている。
ギリギリまで修正を続けている。(そして結婚式の準備もバタバタである)

タレントやこういう出版関係の世界で共通しているのが、表題の話。
今書いている仕事論でも当たり前なのだが、如実に感じられる。

芸名やペンネームを変え続け、打席に立ち続ける。
その際には、勿論失敗を基にPDCAを回す、回す、回す。
勝間〇〇であれ、五木〇〇であれ、誰であれそう。
お世話になっている会計士作家の〇〇さんもそうである。

今回の書籍の経験は先ず人生最初の打席に立つ権利を得られた、
ということだけでもありがたい。そしてギリギリまで修正し、
ヒットするようにするのだが、もしアウトだったとしてもちゃんと学びを得て、
打席にまた立てるよう、一から企画の検討をしよう。
そして立ち続けて振り続けよう。そういや主業もそうだなぁ。

そんなことを思いながら過ごす週末の一日。
スポンサーサイト
15:38  |  10.仕事現状  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.01.17 (Tue)

アルバイトの子がいなくなってしまったから。

少し悲しい思いをした一日でした。

すごく良く働いてくれていた子で、頑張って自分も諸々仕込んであげました。
そもそも事務系の仕事をしたことがないような子だったので、
立ち振る舞い、話し方、資料の作り方、とか抽象的な話まで含めて手取り足取り教えた。
大学にいっていなかったので非常に若い子だった。

頭は良くはなく、そしてビジョナリーでも、そして美女でも?(失礼だな)、ない子だったけど、
ガッツはある子だった。だからこそ丁寧に教えた。

教え方も僕は厳しいので、優しく、丁寧に。
でも妥協させても本人に1mmのとくもないのでしっかり。

ACにいた時に下についたアナリストに諸々を教えるより
勿論飲みこみも悪く、失敗も多かった。
だから僕も学びが多く、どこまで人としてよりそうか、とか厳しくするかとか、
匙加減をどう調整するか、ということで非常に得るものがあった。動機づけの方法とかも。

いなくなったのは、多分家庭の事業からくる諸々。
実家に上長といき、訪問し会えなかったのだが、
その訪問した家と地域をぶらつきながら、自身が如何に恵まれて育っているかを
実感した。家庭環境(人間関係)も。沢山の事を一人で背負っている、というのが分かった気がした。
でもこれは僕のエゴかもしれないけど。

高卒のあの子がどういう人生を歩むのかなんて責任もとれないのだけど、
少しだけ時間を共有することで情が湧いた。

親の責任は飯を食えるようにしてあげることだ。
そして意志をはぐくんであげて、羽ばたけるように基礎体力をつけてあげることだ。
思考力、体力、思い。この3つを揃えてあげることは中々難しいけど、
自分はしてあげたい。

そしてこれから人をマネージしていく立場によりなるにあたり、
人の人生にコミットし、はぐくんであげられる人材にならなければと痛感した。
あ、体力は無理だけど。


どこかで復帰して、学んだことを生かして欲しい。
そして幸せな人生を送ってほしい。

節に願った。
エゴかも知れないがこれは本心だ。
19:26  |  10.仕事現状  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.27 (Fri)

印度化計画。

「日本を印度にしてしまえ!」というフレーズで始まる歌を、
目にギザギザを入れたオタッキーなミュージシャンがその昔歌っていたけど、
ここを読んでいる人でこれを知っている人は5%もいないだろう。


今日は、2週間に渡る研修のプレ最終日。
明日の午前にケースのプレゼンをして解散。
長かった。そして英語が拙い自分は大変だった。

まあ英語大変だった話はそのうち書くとして、
今日はGraduation Partyがあった。

同期のMとN(MBAホルダー)が「あのチャンネーがカイデーだ!*1」とかいい、
英語のような関西弁を繰り出す(つまり日本語だ!)、中、
僕はアジア面の男の七三*2、つまり印度人だが、目掛けてまっしぐらだったわけだ。
変な趣味はない。当初の目標としていたBRICSの人と仲良くなろうという目的を果たそうとしただけ。

仲良くなった彼らS君(2人とも)は、印度(そろそろ漢字はやめようか)の超エリートさん。
インドの戦略グループ、はほぼ全員がMBAホルダーだ。

米系、欧州系は勿論、インド国内のMBAも多数。
最近は、香港科学技術~に始まり、アジア圏のMBAのランクも上がってきているらしいからね。
うーんすごいね。

まあ因みに、インドにおける戦略コンサルランキング的には、
デパート型の弊社は、日本のようにやはりTier2(1はM、Bね)くさいw 
別に仕事内容変わらない上、パートナー目指してない僕には関係ないけどw
そしてTier2とはいいながらも、日本では小さいファームは死んでいるし、
インドには進出できていないしね。

クライアントには日系等大手外資系(勿論インドにとってだよ)企業もあり、
やはり進出しまくりなんだなーと。
そして不況とはいいながらも拡大傾向にあるし、社員のキャリアヴィジョンとしても、
日本のように暗い感じではなく、インドに産業を興したいってな感じでめっちゃエネルギッシュ。
うーん、日本みたいなお爺ちゃん国とは違うなぁ、とツクヅク感じました。

(関係ないが、驚くことにインドのS君は、日本のxxxに属しているとのこと。進出しているのか、xxx。
かなり驚いた。詳述は出来ないので興味があれば僕から直接聴いてください。)

嗚呼、ビジネスするなら、VISTA,BRICSでやんのが圧倒的に面白いんだろなー。

そして学ぶ場にしても、そういうとこいくと、ギラギラした人多くて面白いのかもしれない。

なんかもう、産業が高度化されまくって、
企業の利潤の上澄みをうまく掠め取るビジネスやっててもなんかね。
どうなんだろね。ぶっちゃけいらないよね、国にとって。

非常に面白い話が聴けた。
自分の耳を通じて話を聴くということは、
これだけ刺激をうけるものなんだな。


ビジネス英語は拙いが、会話は適当にいけるので、
トロントオフィス戦略Gの韓国人、J君とも仲良くなった。

彼はかなり親日的できさく。
僕と同期のTを友人に紹介してくれたりと非常に助けられた。
早速FACEBOO○でも繋がり、交友を深めよう。
ドメドメな僕は国内のSNS程使えていないのだけどね。

あー留学、いいなぁ。
そして外国で働きたいなぁと。

死に行く国の閉塞感にまかれて、
苦しむことが如何にもったいないかが、痛感できた。

大学時代に知っておきたかったなぁと。
酔っ払いながらの駄文です。

----
*1:「チャンネーがカイデー」の意味が分からない人は夙○アトムのネタでも見てくれ。
*2:なんであんなに七三なんだろう、彼らは。髪型で結構国籍分かるよね。因みに僕は、今回も、「韓国人」だよね、を二回くらい既に言われている。また「タイ人?」と謎の発言も。やっぱ髪型で国籍は分からないことにしておこう。

16:41  |  10.仕事現状  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.20 (Fri)

英語でディスカッション。

日常会話から、ディスカッションってやっぱりジャンプがあるんだなぁ。

日常会話なら、
センテンスが少ないので、そもそも要素が少なく、
場面からの予測も可能。

ディスカッションの場合は、
MECEとかピラミッドとか考えるわけだからなぁ。
なるほどなぁ。
勉強になるなぁ。
てか面白いなぁ。

日本語でも最初はうまくできなかったから、
同じように段階を踏まないと中々難しいのかも。

いや、そもそもの語彙力やらの問題も大きいのだけどね。
14:53  |  10.仕事現状  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.19 (Thu)

英語。

の重要さが今更ながら実感できました。
そして自分の英語のできなさもね。。

日常会話はまだしも、ビジネスディスカッションができない。
(因みに、内容のレベルはコンサルタントなら常識的なビジネスケース等)

これ、どうすんだと。

困ったね。。

日本人にとっての英語っちゅうスキルは、
相当レバレッジ効きやすいなぁとほんとに思う。

日本では頭よくても英語できない人多い。
その上、外国人、めちゃくちゃディスカッションレベル高いかと言われるとそうでもないし。
(うちの戦略Gは海外ではそう強くはないが、まあ皆一流の経歴ですよ。一般企業よりも圧倒的に。)

日本で優秀な人同士でつぶしあいしているよりかは、
国際軸をたてて、海外との仕事した方がホントに戦い易いなぁと。
まあこんなこと一昔前から言われてますけどね。


一流の頭脳を持ち合わせてはいないので、国際軸、何とかたてないとなぁ。
てか立てたいしなぁ。

こういう危機感をリアルに持てただけでも、この研修意味があるね。
後、何日続くのだ、この挫折感を味わい続ける日々は。
嗚呼、言葉を発したい。。。
04:27  |  10.仕事現状  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。