*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.05 (Wed)

いっちょまえに飯を食うということ。

090707

なんてことを思い約二ヶ月振りの実家を後にする。

父親に誕生日プレゼントを渡した。
そんなに高くはないが、某ブランドのキーケースをあげた。

お洒落には無頓着な父。
「立場が立場なんだから、ちゃんとしたものもちなよ」と僕。
「お、どもども!」なんていう軽いリアクションをとっていたが、
照れ隠しが見え隠れする。

そういや初めてだなぁ、何かプレゼントするのは。

兄も弟もビジネスパーソンではなく、そんなに社会性がある方でもないので、
人にプレゼントをする習慣は特にない。多分、僕の知る限りは。

父も始めて子供からプレゼントをもらったのだ。何だか申し訳ない。
冬には母親に、だなぁ。これまた照れくさい。

---
何だかんだで社会人三年目になり、何だか飯を食えている。
何だか、だ。何とかではなく。

同じ努力をしても容易に出来ることとそうではない事が改めて見え始めたから、
そういう意味での欲がなくなったから、
得られるものに限界がある環境に対して上手な割り切りが出来始めた。

それは別に微塵も格好良いものでは全くなく、
惨めな結果と、その後の偶然も作用した飛躍とで、
ただ、たまたま見えたことであるだけなのだけど。

だから一年前くらいにあの偉い元経営者の人に、
「おい、xx、お前は自分のフィルターを持て。捨てるものは捨てるんだよ。」
何て真顔で怒られたことを思い出したり何かしたりして。

政治も腐っちゃって、知り合いの議員だって疲れた何ていってやめてしまっていて、
勝ち逃げが出来ない僕らの世代は、少し見渡すと、そこにもここにも新聞を賑わすような
ことがおきてしまっていたりする。年越し派遣村なんて全然縁遠くない。

だからなんかもう、たまたま運よく恵まれているからといって、
そこで世界各国から来る優秀な人たちとかがさらに上り詰めるような
象牙の塔に一緒に登っていっても、いや行けたとしても、その先にあるような世界を追求するとしても、
結局何だか、また本質から外れていく感覚を味わい続けるのだと思う。

だからなのかもしれないのだけど、
自分がより自由になれるような素直な選択肢を取ることにしようと思う。
そう見据えられたから最近の精神状態は至極穏やかなのだと思う。

強かにではあるけど、より素直になろうと思う。
地に足をつけて、
社会にも自分にも本質的なものを素直に選んだほうが、
豊かになれるのだと思う。

何だか、ではなくしたいのだ。
もういい加減に。
スポンサーサイト
18:33  |  21.キャリア選択  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。