*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.09 (Mon)

米国研修&旅行、ミュージカルとか、アートとか。

■ミュージカル考(シカゴ見た)

数回ほど、日本でも劇団四季をはじめミュージカルを見たことが
ある僕だが、圧倒的に満足度が違った。高いのだ。

演技力、歌唱力、演奏力等、人材育成的な止むを得ない部分もあるが、
仕組みとして日本より優れている部分が目に付いた。

小規模のシアターが一箇所に集まっており、
チケット購入も一括で出来る。

このような仕組みがあるだけで、
サービスの品質が圧倒的に異なる。

ハコがでかく良く聞き取れず、見えにくい日本に対し、
眼前で役者が歌い、汗迸る。

一つのコンテンツに対して狙いを定め、
チケット購入、来場という日本に対し、
フラッと行った先で多数のラインナップから選ぶこともできる。

品質はまた、連関した仕組みからも大きな要素であると痛感した。

英語が早くて中々聞き取れないながらも、
女優の歌唱力、そしてなんといってもセクシーさ!に魅了され、
NYCの夜を一人で過ごしたのは忘れないだろうw



■美術館考

シカゴ美術館、
NYC,メトロポリタン美術館、
NYC近代美術館(MOMA)。

この研修というか旅行で、
3つも美術館にいった。

上から二つは米国三大美術館らしいが、
その2つに行けたというのは何とも贅沢な話なわけでした。

個人的にはシカゴが一番だったのかなぁ。
というのも行った際に、ムンク展まで見られ、
見たかった絵画というのがざっくり抑えられたというのがあったからかな。

---
僕はたまにだが、絵を見に行くのだけど、
(渋谷東急本店とかでやるやつもいれてね)

名画、と評されて美術の時間にならったような絵画達を
これでもかとみることが出来た。
(米国に国力があるから、これだけの作品を集められているのだよ、
というのか、国力があるから、自分達が保有するような作品がいけているのだよ、
という情報を世界に流布させることが出来るのかはおいておいて。)

兄が一応、アートの世界にいるのだが、
彼曰く結局感覚的に絵を眺め、自分が良いと思ったものが、
良い。という、何ともシンプルだが本質的なことを聞いて依頼、
あんまり、xxだから良いという感じで反応はしなくなった。

で、今回のように
ゴーギャンだとか、ゴッホだとか、ミレーだとか、
の本物を多数見ると、自然と自分がどのようなものを美しいと
感じ、そのような絵画に何を求めているのかが分かった気がする。

僕は圧倒的に、ポール・クレーでした。
まあ、先日日本でやった展示がきっかけではあったのだけどね。
柔らかい感じが好きだなぁと。これは是非欲しいなぁなんて思いも馳せたりした。

後は、南米のアート。
柔らかい、イラストみたいだよね。
(ニューギニアの神を象った像も多数。
こちらは何ともまあおぞましく水木先生が大好きなやつですね。
よくもまあこういう形を創造出来るなぁと)

日本の美術館のように小規模で一人の画家のものしかない、
なんてことだと比較検討も出来ず、
自分の感覚で絵画の良し悪しを言うなんて中々難しいのではないでしょうか。
個々の作風も掴み辛いしね。
スポンサーサイト
23:55  |  20.プライベート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kjm0915.blog99.fc2.com/tb.php/121-67198796
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。