*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.23 (Fri)

舞台を創る人、踊る人。

ここを読んでいる99%の人は後者。僕もそう。
プロフェッショナルワークだからという肩書きの元、
何かの名前を借りている人は全て後者。

昨日は最高の踊り子、今日は舞台を作り続ける人にあって両者からご馳走になり、
将来を考えていた。

論理づけてnarrativeにかけないので、
箇条書きから理解してください。職業病の構造化もしません。


・舞台を創る人が舞台を創り、そこで踊り子が踊りそこで社会への価値が創出されている。

・世間で言う優秀だと言われている人間はうまくどこかの舞台で踊れる、踊り子のこと。

・優秀と言われ育った人間は、幼少期からどのようにすればうまく踊れるかが感覚的に分かるために、うまく踊る方法を実につけ、それだけを思考するようになる。ある種の思考停止。

・大抵の踊り子は社会に対して無責任。舞台のせいにする。

・踊り子は、舞台の中でうまく踊る方法を身に着けることに執着する。

・舞台は、形も大きさも異なり、そこに合うか合わないかで踊り子のパフォーマンスが決まる。そのため踊り子は自分が合わせやすい舞台探しをする。

・踊り子は、舞台でうまく踊れない場合、もしくは踊りたくない場合には、他の舞台に移るための踊り方を学ぶ。通行手形としてのMBA(只、この通行手形は通行のみで踊りに直結していない)。

・踊り子は舞台があることでその中でどのように踊ればうまく踊れるかだけを考えるようになる。その一方で舞台を創る人は舞台がないので、どこまでも考え、動き続け、社会的な舞台をも考慮せず舞台を考え創り続ける

・舞台を創る人と創らない人というのは、自己目的化したWhatを持ちそれを信じ形にしようとしている人と、それを見つけていないかもしくは見つけていても形にしようとしていないかの差

・舞台を創る人は自身の定規を持つ。大抵の人は自身の定規がなく、誰かが言った定規を持ちそれで自身や周囲を図る。

・舞台を創る人は、周りの定規に左右されない。左右されてないほどその舞台は強固。周りの定規のことを考えている時間よりも、自身の舞台を強固により大きく創ることにのみ注力しているから。

・大抵の舞台創りは失敗する。その舞台が社会と繋がってないことが大半だから。

・舞台が社会に認知され、受け入れられることで富を生む。受け入れられればられるほど大きな富と踊り子を集める。良い歌と踊りを磨いてきたプロの踊り子を。

・世間にはアマチュアの踊り子が90%以上を占めている。別にそれは悪いことでもなんでもない。
スポンサーサイト
02:11  |  23.雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kjm0915.blog99.fc2.com/tb.php/131-84e66ccd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。