*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.31 (Tue)

ビジネスコミュニケーションにおける傾聴

今の会社に転職して早三年。
前職よりもソフトスキルでのレビューが多いので面白い。
そしてそいういうスキルが神がかって高く、そういうスキルのみで飯を喰えている人にもたくさん会い、
(因みに出来る人はハード面もそれなりに高いと分かった)自身のスキルの低さを痛感しているのだ。

ようするにビジネスコミュニケーションの話だ。

コミュニケーションとは、辞書によると
・「社会生活を営む人間が互いに意思や感情、思考を伝達し合うこと。言語・文字・身振りなどを媒介として行われる。

ビジネスコミュニケーションとは、それを商売の上で行うということだ。

行う上で必要なことを要素分解すると、
A:相手の状態・状況を見極める
ー相手の立場を創造し、発言の背景を深める
ー過去の発言を想起しておく
-目線・口元等表情筋を見る
ー(発言があれば)眼前の発言の意味を考察する

B:状況・状態に合わせた適切なコミュニケーションツール(言語・身振り・表情)を選び発する
ーAを見極めた上で
ーAに合わせたツールを選ぶ
ー必要に応じて飛び道具(他社、資料)を用意する

以上。
Bでのツールの選び方においても”ひるまず選びきる”等難しい要素はままあるのだが、
自身の場合はAを行う能力が著しく低い。いやというよりも人間にもまれる経験をしていない人でない限り、
Aが低いのだ。それは幼少期などからの経験も大きくひもづくのだけれど。

自身の家庭環境を振り返ってみても、
Aを意識するよりもBを発する、ということが求められ(てはいないが)、
Aを行うよりもBを力強く行ってしまっていたことが思い出される。

勿論良い面もあり、
”抽象度の高い状況状態を具体的な単語で表現する”
”初対面の人間に対しての印象を強く与える”
ということが出来るので、モノを教えるシーンなどでは高い力を発揮できる。モノを書くでもそうなのだ。

反面、細かいストロークが生じる、一方通行で終わらないシーンでは、
Aのスキルが低い場合、非常にシビアな状態になる。

まあとまでは書いたものの、結局明確に弱みが分かっている限りは、
ゴルフのパッドの練習を繰り返すがごとく、
トライし、失敗した箇所を補正しを繰り返すしか上達はしないことが明確であるので、
やり続けなければいけないということは何も変わらないのだ。

ハードスキルを身に着けることは、有難いことに、前職で働いたことから、
スケジュールを区切りコツコツやることだけで突破できるようになった。
ソフトスキルもどうようにコツコツなのだが如何せんここは積上げるために意識をしなければ
変わってはいかない領域なのである。書籍をインプットするよりも具現化して読むことを繰り返さなければならない。

そんな悩みだ。
スポンサーサイト
09:03  |  11.仕事ノウハウ・スキル  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kjm0915.blog99.fc2.com/tb.php/158-60e0af6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。