*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.06.10 (Sun)

声。

世の中にはどうやら「真理」というものがあるみたいですよ、
皆さん。ちょっと聞いてよ。

マーケティングのゼミに入っていたので、
ケーススタディやビジネスコンペには良く取り組んでました。

その際に「仮説」をたてるわけですよ。
この商品ならいけますなーとか、
これが問題ですなーとか。

そこに定量的にか、
定性的にか根拠を付け加えますよね。

で、適当な僕は結局筋の良い根拠を示すことができれば、
どんな主張も「真」になると思ってたんですよね。
ぶっちゃけ。



それがどうやら違うみたいなんですよ。



全てに通じる、遍く事象に通じる、全てを一刀両断するメッセージがあるみたいなんですよ。所謂「真理」というものが。

正直これが見えなくても、ビジネスは結構成立します。
情実主義的なもので現場は動きますしね。
真理を追求しすぎると現場からは遠ざかると思いますし。
その程よいバランスの中でビジネスは成立してますよね?
大学教授じゃないんだから。

真の戦略コンサルタントとかマーケターとかは真理というか「声」が聞こえるみたいですね。企業の声とか、消費者の声とかが聞こえるんですね。

戦略コンサルティングファームでも超マーケの強いメーカーでもそうはいないと思いますけどね。それは上記の情実の部分でもビジネスは回るということと、案件としてそこまでの真理を追究しなくても済んでしまうものもあるという理由から。戦略コンサルティングならデューデリやSCM的案件がこれにあたると思われます。


どこまで深さであれば、その真の「声」が聞こえているのか、
何がその「声」なのかは未だ良く分かりません。

でもそんな「声」が存在していて、
そんな「声」が聞こえる人達がいるんですよ。

今のPJT(プロジェクト)を仕切っているMGR(マネジャー)はそんな方だと勝手に思ってます。


僕はビジネスは情実と真理追究の程よいバランスの中で成立していれば良しとするスタンスなのですが、そんな方がいるプロジェクトにいると少しだけその世界を、その広がりを覗いてみたくもなりました。


医学博士をしていた祖父は既におりませんが、
この年になって話したくなりましたね。ある分野の第一人者だったのです。後から知りました。身内のことって分からないものですよねw
何が真理なのーって。聞きたかったなー。

そういや、こんな人にはなるまいと幼少期は思っていたものですが、
まさかね。そんな世界を覗きたくなるなんて。
スポンサーサイト
21:22  |  11.仕事ノウハウ・スキル  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

医学博士のお孫さんだったとは・・・。
どおりで、ヤクザまがいの旅客機パイロットの息子とはデキが違うわけだ・・・。

私も水の中の電荷からの声が聞きたいです。。。
よこやま |  2007年06月12日(火) 00:54 | URL 【コメント編集】

本質を追求していくと、何かぶつかるよね。

問いを掘り下げていくと、
人は何で生きてるのか?なぜ物を買うのか?
とかに集約されていったりして。

そーゆーときはちょっと困るんだけどさ。。。

神様のパズルという小説を思い出したわー。
はまの |  2007年06月12日(火) 19:23 | URL 【コメント編集】

おひさです。
「声」か、聞いてみたいわ。
経験知からくる確率論的なもんでビビッとくるのかね。

情実と真理のあいだ。なんかの映画みたいでいいね。
また飯でも~
しげた |  2007年06月12日(火) 22:30 | URL 【コメント編集】

〉横山くん
就活相談のった時、お父さんの話してたね(笑)かなりアバンギャルドなお父さんだった記憶がある(笑)


〉はまちゃん
へー気になるね~、その本◎世の中には真実があるみたいですよ、どうやら。僕が分かる日がくるのか(笑)


〉重田くん
久しぶり◎仕事どうだい?そろそろ配属決まったのかな?近々飲もう◎
こーじ |  2007年06月18日(月) 23:00 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kjm0915.blog99.fc2.com/tb.php/20-5e70a867
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。