FC2ブログ

*All archives   *Admin

2008.04.02 (Wed)

太郎。

明日から5thジョブ。
業界は結構馴染みがある。
会社自体も馴染みがある。
友人やゼミの先輩が働いている。
ついに来たなぁ知り合い働いている会社に直接アサイン。

業界はいいとして、業種(分野)がはっきりいって門外漢過ぎる。
僕以外にアサインされている人全員がスペシャルスキルを持っている。。。
僕は何要員なんだ?そして状況は結構大変みたい。うーん、まあしゃあないデスね。。

連絡付きにくくなると思いますが、懲りずに誘ってください。
因みに期間は不明です。分かり次第お伝えします。。。

ジョブの都合(?)もあり、
そう体も弱ってなくて休むのは気が引けるのだが、休みになる(する?)。

そしてせっかくなので出かけました。
(ただ、明日のための予習もあるので、微妙に有報とか印刷してもっていったりするという
何とも割り切れない性格の自分が出ているのだが。)

勿論平日なので、誰も一緒に行く人もいなかったですね。
まあ誘ってもいないんだけどね。

ここへ
岡本太郎美術館。

良かったです。
非常に。

先ず場所。
向ヶ丘遊園とかで、もー高いビルとかないし、空気も綺麗。
チェーン店も少ない。店名とか意味不明。

スナック「まぁちゃんハウス」(うろおぼえ)とかあったし。

もう経営戦略も何もあったもんじゃありませんよ。
顧客とのコンタクトポイントがいかに大切かなんて、、(以下省略)

まぁちゃん、絶対お年をめしてるんだろうなー。
で、頭はパーマ、
声は全部濁音のだみ声、
ゲームの中ボスみたいな体型(ボスはスリム、中ボスは太い気がする。何故か)、
というもうお決まりのパターン。

太郎に話が行かないので閑話休題

美術館自体は公園の中にあり、
公園では桜が咲き乱れ、地元の小学生や幼稚園生が遠足のような感じで遊びにきており、
非常に穏やかな時間が流れていた。

美術館自体では、
本人の作品がずらり。造形物、絵画に限らず、文章もいくつか。

うちは兄が芸術家なので、芸術家の書籍は岡本太郎のものも含め結構家にあるが、
今迄眼にしたことはなかった。
今更ながら、その思想の素晴らしさには感嘆した。(こんなことを知らなかった無学な自分にも驚いたが)社会に対する姿勢や仕事に対する姿勢がとても素晴らしかった。
思わず書籍を二冊も購入。

感化されやすい自分は他にも、
絵葉書、ストラップ、シール、ピンバッジ等、大人買いも良い所。
とても美術館で使う額ではない金を落とした。
勿論美術の普及のため。

そういえば企画展もやっていた。
岡本太郎記念みたいな感じで作品を募集し、
受賞者に発表の場を提供しており、その作品が展示されていた。

メッセージ性の強い絵画から、造形物まで色々あったのだが、
一番驚いたのが、ある映像作品。

ドラえもんののび太をモチーフ(?)にした作品で、
大人ののび太が都会を闊歩しているような映像がタラタラ流れているような作品。
スクリーンに流されていただのでくだらないなーとか思い笑いながらみていると、
ふと、スクリーンの下に布団が敷いてある。

回り込んでみていると中にのび太(映像に出ている本人)。
まさか、、、と思い様子を伺ってみると、
紙とベルがおいてあり「このベルを鳴らすと本人が起きます」とか書いてあった。
本人展示してあった。。。


齢、20の半ばになりましたが、
まだまだ世の中には素晴らしいものが沢山ありますね。
これからも仕事も合間をぬって色々知りたいものです。
次はまた科博にでも行こうかなぁ。次こそ誰か誘おうw

とまあ久々の休日を過ごし、
リフレッシュして明日からのジョブに挑みます。
どうなることやら。
080401
スポンサーサイト



00:13  |  20.プライベート  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

僕の姉も芸術家(肌)なのでした。元ダンナは画家みたいな・・
太郎、いきたい。
無事、昨日、新人2名が入社しました。
予定通り、倒しときました。
uni |  2008年04月02日(水) 11:35 | URL 【コメント編集】

あー、あたしもつい先日、何かの雑誌で太郎美術館が載ってて、近々行こうと思ってたのよねー。
兄弟に芸術家がいるなんて羨ましい♪
近々、森美術館行くので、興味あればぜひ。
http://www.mori.art.museum/jp/index.html
genome |  2008年04月02日(水) 14:42 | URL 【コメント編集】

>社長
太郎よかったですよ◎
倒したって。。。w

>げのむ
素敵でしたよ♪
予定あえば是非◎合うのかなぞなんですが。。。
Koji |  2008年04月04日(金) 01:47 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kjm0915.blog99.fc2.com/tb.php/62-f0862797
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |