*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.04.15 (Tue)

憧れ

会社の友人(この書き方よいね)の紹介で某事業再生会社に勤務している方に、
その友人と共に会う。非常に素敵な方でした。

その方は、(古い言い方で)会計系コンサル→某外資系消費財メーカー→某有名な事業再生会社という何とも今の若者があこがれるようなキャリア。しかも事業再生会社に入る前には、MBAの入学も許可されていたにも関わらずその会社へ。何ともすごすぎる。。。

彼の話の中で印象的だったのは、
3つ。
1.ファーストキャリアでコンサルティングをやったのは有意義だった
2.今の仕事はコンサルテーションとはかけ離れている
3.キャリア選択は、ヴィジョンと人だった

1.「視点を高く、俯瞰するくせ」「仕事を能動的にとる」というのは事業会社では身につけづらいといっていた。事業会社時代には何度も視座が低くなることもあったが、コンサル時代の経験により俯瞰して仕事ができ、自分から仕事を作るということができたと言っていた。

2.所詮コンサルタントは外部の人間であり、しかもPJTの締め切りがある。プレッシャーなんて今にくらべると全然ない。今は自分が立て直さなければ全てが終わる。プレッシャーの大きさが違うと言っていた。

3.最後に僕が「そのような素敵なキャリアの中で、キャリアを選択している基準はなんですか?」
と聞くと、「自分のヴィジョンに繋がっているかどうか」ということとと「心の底にいる人と仕事をしたいかどうか」ということの二つだ、と言っていたのが印象的だった。
そして、最後に「ま、こんなキャリア、大変だから他の人に薦められないけどね・・・」といっていたのも印象的だった。まあ確かに。でも素敵です。

何とも素敵で有意義なOB訪問でした。
AU君、ありがとう。
080405
スポンサーサイト
02:04  |  12.仕事のこころ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kjm0915.blog99.fc2.com/tb.php/65-36deb71a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。